未分類

オンラインプログラミングスクール「DigSkill」とは何?特徴とプランをまとめました。

オンラインプログラミングスクール「DigSkill」とは何でしょうか?どの様な特徴やプランがあるのでしょうか?

30日間の無料体験期間が大きなメリットのオンラインプログラミングスク―ルのDigSkill(ディグスキル)。

今回に関しては、リーズナブルな価格でJavaを学習することが出来るプログラミングスクールのDigSkill(ディグスキル)について、どの様な特徴を持ったプログラミングスクールなのかを見て行きたいと思います。

オンラインプログラミングスクール「DigSkill」とは?

DigSkillはJavaを主体としてバラエティーに富んだWebアプリを作成できるオンラインプログラミングスクールになります。

大きな特徴に関してですが、

  • 無料体験が30日とその他のスクールと比較して長い
  • 料金がお得である(月額1,100円から)
  • 学習内容はJavaをメインにしたWeb開発

であり、完全オンラインで質問はいつでも対応可能なスクールになります。

学ぶことができる言語とスキル

DigDkillでは、いくつもの学習コースがラインナップされていて、各々のコースでは次に挙げるスキルを学習する事ができます。

WEBアプリケーション開発コース

WEBアプリケーションコースではJavaのフレームワークであるSpring Bootを活用して、WEBアプリケーションの開発を学ぶ事ができます。

ブラウザからユーザ登録・メッセージの投稿・編集・削除機能であるとかいろんなスキルをHTML/CSSやデータベースを合わせて全体を通して学習する事ができます。

上記のWEBアプリケーションコースを、各部門に切り分けた次の各々のコースが存在しています。

Servlet/JSP

演算等のプログラムを組み込み、動的なWEBページ作りを身に付けていくコースで、Servlet/JSPを使って、WEBアプリ開発の基礎を学んでいきます。

データベース基礎

データベース基礎においては、PostgreSQLを利用したデータベース操作の基礎を学ぶことができます。

MySQLまたはSQLServerであるとかその他のデータベース言語で構築するアプリ開発もいっぱいありますが、データベース言語に関してはシンプルなので、1つをマスターすればその他のDB言語への対応は容易にできるでしょう。

WEBレイアウト(UI)

HTML・CSSを利用してWEBレイアウトの基礎を学ぶコースになります。

programming基礎

programming基礎においては、Javaを用いて言語のバラエティーに富んだスキルを学習します。これに加えて、VScodeや初心者がつまづきやすいTerminal等といった環境構築についてを学習するコースになります。

チーム開発・Git

共同開発する上で必要不可欠であるGitの使い方を学習して、メンバーとのソースの共有の仕方を学びます。

DigSkillの料金について

DigSkillでは「ライトプラン」・「スタンダードプラン」の2種類がラインナップされていて、いずれにしましても別の会社のプログラミングスクールと比較してみてリーズナブルな料金設定で事業展開されています。

ライトプラン

使えるサービス ・オリジナルカリキュラムの利用
月額 1,100円(税込み)

ライトプランにおいては、DigSkillのコンテンツを月額1,100円で利用する事が出来ますが、質問フォームを利用することができないので、独学でプログラミングを学習できる方向けのサービスになっています。

スタンダードプラン

使えるサービス ・オリジナルカリキュラム
・質問フォームを無制限で利用
・月1回(1時間)のオンライン授業
月額 22,000円(税込み)

スタンダードプランでは、コンテンツの利用だけに限らず、質問フォームの利用であったりオンライン授業を受けることが出来るプランになります。

初心者がとりわけつまづきやすい環境構築の方法であったり、言語の例外処理であるとかあらゆるところでつまづくので、こうした場面でつまづきを避けたい方におすすめできるプランになります。

Dig Skillの基本情報

運営会社 株式会社ウェム
受講料金 ・ライトプラン:月額2,200円(税込)
・スタンダードプラン:月額66,000円(税込)
コース ・Webアプリケーション開発
・Webレイアウト
・Servlet/JSP
・プログラミング基礎
・データベース基礎
・チーム開発・Git
受講期間 1ヶ月から無制限
受講形態 オンライン
無料体験 あり

まとめ

今回に関しては、オンライン型プログラミングスクールの「DigSkill」をご紹介しました。

自分にピッタリのサービス、合わないサービスかどうであるのかは、実際に試してみないと分からないと思うので、現実の上で無料体験レッスンを受講してみることをおススメします。