未分類

プログラミングスクール「RUNTEQ」の5つの特徴をまとめました。

こちらの記事を読んで欲しい人

・プログラミングスクール「RUNTEQ」の5つの特徴が知りたい人
・プログラミングスクール「RUNTEQ」に通ってみたい人

RUNTEQ(ランテック)の特徴

RUNTEQというのは、スタートアップのWebエンジニアになるきちんとした方法を指導してくれるプログラミングスクールになります。

Webエンジニアとして就職するためにはそれなりのスキルが必要ですが、これ以外に割と大事だと言えるのが職種特有の教養であったり考え方が身に付いているかになります。

RUNTEQでは別の会社と比較してこの部分にプライオリティを置いていて、Webエンジニアとしてのカルチャーセット(教養)であったりマインドセット(考え方)も学習することが可能です。

こう言ったRUNTEQの特徴に関しては、メインとして次に挙げる5つになります。

RUNTEQの5つの特徴

800時間から1,000時間の圧倒的な学習量

RUNTEQは、学習できる量がごく一般的なスクールの1.5倍から2倍と桁外れですので、これによってリモートワークでも実績を残せる質問力などが身に付きます。

キャリアアドバイザーによる就職サポート

RUNTEQでは、就職サポートも行っております。ひとつの例として、模擬試験や会社探しのサポート・提携企業の紹介・提出書類の添削などもしてもらえます。
ちなみに、本人が希望しない企業を紹介したり、強制的に就職活動を行なわせることはないそうです。

現役エンジニアによるオリジナルのポートフォリオの作成サポート

ポートフォリオというのは、あなた自身の履歴や能力を伝えるための作品集という意味です。Web上で作り上げたものを企業に見てもらって、能力をチェックしてもらうために使用します。RUNTEQでは、100%オリジナルのポートフォリオの作成を徹底サポートしてくれることになります。

独自のオンラインコミュニティー

RUNTEQにおいては、卒業生や同期と交流が可能になる独自のオンラインコミュニティーがあって、受講することで参加できることになります。参加者同士で最新の技術または情報を交換したり、時々相談に乗ってもらえます。

何でも相談できるバディ制度

RUNTEQでは、生徒一人にサポート一人がつくバディ制度を導入していて、学習計画表の作成であったり進捗のサポートを受けることができ、月2回のオンライン面会では、学習方法または就職に関しての相談も可能です。

RUNTEQの学習カリキュラムに関して

RUNTEQのカリキュラムに関しては、「問題解決型授業」で、仕事みたいな課題が出され、不用意に解答を教えることはありません。これは、仕事では必ず周りの方が回答を教えてくれるというわけではないことが要因です。

ひとつの例として、課題例として「画像が表示されないので、バグを修正してください」というようなものが出ます。

こちらの問題を解決するには、一番初めに第三者が書いたプログラムを読み解く能力が必要不可欠です。また、現象から原因をある程度まで絞り込める能力も欲しいところです。こういった課題を、あなた自身で解消出来るように学んでいくのがRUNTEQ式になります。

RUNTEQ(ランテック)コース

コース名称 Webマスターコース
対象者 プログラミングの初心者
料金(税込) 437,800円
事前学習 不要
受講期間 最大9ヶ月
学習時間 約1,000時間

RUNTEQ(ランテック)のコースに関してはこちらの1つだけになります。

過去は複数コースあったのですが、2022年4月時点ではWebマスターコースのみとなっています。

各々完全初心者向けのWebマスターコースから、経験の度合いによって「Railsマスターコース、Railsエンジニアコース」の3つに区分されています。

どちらのコースを利用したとしても就職サポートは付いていて、勤務しながら受講や学生でも受講できるようになっています。

あなた自身の状況にあわせたコース選択が出来るので、無駄な時間とコストが掛からないシステムになっています。

RUNTEQ(ランテック)でエンジニア転職を実現しましょう

RUNTEQ(ランテック)は未経験でRuby on Railsエンジニアを輩出した実績がたくさんあるプログラミングスクールで、本格的なエンジニア力を身に付けて、自社開発企業に転職を実現したい人におすすめしたいと思います。

  • 未経験からでもITエンジニアになることが出来る
  • Ruby On Railsに特化している
  • トップクラスの受講時間
  • 自社開発企業への転職
  • 現役エンジニアが講師である
  • 成果物の作成あり

現在IT業界に関しては、人材不足に悩んでいて、未経験者の受け入れも積極的に行っていますが、それを聞いたたくさんの方がIT業界を志望しておりまして、良い会社から順番に埋まっている状況にあります。

迷われている間に、あなたに合った最高の会社の求人が周りの方に取られてしまうこともあり得ます。相談自体は無料ですので、気になったらいち早く行動してライバルに差を付けてましょう。